交通事故の弁護士相談は無料相談のフロンティア法律事務所  増額ないなら報酬も無料!交通事故の専門弁護士にお気軽にご相談ください!

03

69123811
代表のあいさつ
代表黒嵜 隆
交通事故の被害者様、ご家族様にお見舞い申し上げます。
私は今、弁護士として活動をしておりますが、学生時代に、バイクが原因で下肢麻痺となり、それ以来車椅子での生活をしています。

病院での出会いや周りの人のサポートのおかげで、段々と前向きな気持ちを持てるようになり、「障害があっても、何か自分にできることがある」と考えるようになりました。

事故に遭うまで、弁護士になることは考えてもいませんでした。しかし、リハビリ中に同じく脊髄損傷で司法書士試験に合格された方に出会って、自分は弁護士になろうと思い、司法試験の勉強を始め、今に至ります。

現在、東京・永田町と二子玉川の2ヵ所の事務所で交通事故被害者を法の力でサポートすることに取り組んでおります。
ケータイサイト
  
交通事故被害体験から、被害者側に立ち親身にサポートします!

交通事故の被害者様、ご家族様にお見舞い申し上げます。
私は、学生時代に、バイクが原因で下肢麻痺となり、それ以来車椅子での生活をしています。
病院での出会いや周りの人のサポートのおかげで、「障害があっても、何か自分にできることがある」と考え、弁護士として活動をしております。

現在、東京・永田町と二子玉川の2ヵ所の事務所で交通事故被害者を法の力でサポートすることに取り組んでおります。
自ら交通事故の被害者となり、被害者としてたくさんのことを学び、体験をしました。

交通事故・被害回復のための経済的部分(損害賠償)の解決はもちろん、被害者だからこそできる!被害者の健康面、生活面など、様々なお悩みにお応えし、心も勇気付けられる事務所でありたいと思っています。 無料相談・査定も24時間受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

安心して任せられる!交通事故・被害者救済の取り組み
自らの交通事故被害を経験し、被害者の気持ちに寄り添って、最善のサポートを!
当事務所の代表弁護士である黒嵜は、大学3年の時のバイク事故で脊椎損傷を負い、それ以来、車椅子での生活をしています。

交通事故の被害者の気持ちに寄り添うこと、そして、被害の回復のお手伝いをすること、それが原点です。

交通事故の被害回復の経済的部分(損害賠償)ももちろん大事ですが、被害者の健康面、生活面など、様々なお悩みにお応えすることを大切にしています。
交通事故・解決対応の高い専門性!等級認定!
当事務所は、交通事故事専門の対応チームを作っており、常に最新の法律、判例、医療知識をアップデートすることに務めております。
また、交通事故の損害賠償では、後遺障害の等級認定によって大きく額が変わります。
「症状固定がなされ、等級認定されてから金額を当てはめて交渉する」のではなく、後遺症の認定のために医療機関に同行するなど、適正な後遺症認定がされるよう依頼者の方をサポートします。
事故発生直後からの丁寧なサポート
多くの弁護士は、「交通事故に関する弁護士の仕事は、損害賠償に関する部分だけ」と考えている節があります。
従って、事故直後に相談しても、「後遺障害の認定がされて、保険会社から示談の提示があったら、また、相談して下さい」と言われてしまうことがあります。
しかし、交通事故に遭うと、事故直後から、どのように対応したら良いのか、どこで治療したら良いのか、治療中に保険会社から治療費を打ち切られた等、困ることが沢山出てきます。
当事務所では、事故直後からのご相談、証拠の確保、医療機関への同行、治療費打ち切りへの対処等、交通事故直後の悩みからサポートしています。
交通事故案件の豊富な解決事例
当事務所は、交通事故の相談を多数取り扱ってきました。
むち打ち症のような比較的軽度の後遺障害の方の事案から、重い後遺障害の事案まで、幅広い経験を有しています。

解決に際しては、被害者の方のお気持ちを尊重しながら、適正な損害賠償を受けられるように、最善を尽くしてきました。
障害者への取り組み
当事務所は、障害者問題にも、特に力を入れております。
交通事故で重度の後遺障害をおってしまった場合、損害賠償をしてもらって、それで全て解決、という訳ではありません。むしろ、ご本人様もご家族も、その後の生活でのご苦労も多いのです。 多くの弁護士が「損害賠償の部分だけをやって、はい、おしまい。」ということに常々、疑問を感じ、障害者問題にも力を入れており、その後の生活の中でのお困りごとも含めて、トータルでサポートさせて頂くことを旨としております。
今後も、被害者の立場から、親身に相談に乗り、交通事故の被害の正当な回復をはかっていきます。お困りのことがございましたら、どうかお気軽にご相談ください。
相談料・着手金無料はもちろん、増額なければ無報酬!
以前は、「弁護士に相談したいけど、費用が高いのでは?」と心配されて、相談を躊躇される方も多かったようです。
最近は、弁護士もこの問題に気がつき、相談しやすい事務所が増えています。
当事務所も、1人でも多くの方のご相談いただき、お役に立てるように、初回の相談料、着手金は無料としております。示談交渉の場合でも増額なければ報酬は一切いただかないようにしております。原則被害者様の負担ゼロで依頼を受けておりますので、ご安心ください。
交通事故問題の解決の流れ
おすすめポイント:1) 事故発生直後の対応
1) 事故発生直後の対応
交通事故に遇った直後の対応としては、まずは必ず、警察に通報することが大切です。警察に通報していないと事故証明が発行されません。
また、相手から「示談しましょう」、と持ちかけられても、その場で判断しないでください。そのときは有利な条件だと思っても、後々冷静かつ専門的な判断をすべきだと考えます。
次に、事故に遭った車やバイクは証拠になりますので、すぐに修理したり、処分しないでください。事故の相手にも処分させないようにしてください。
おすすめポイント:2)怪我の治療中の対応
2)怪我の治療中の対応
怪我をされた場合は、忙しくても、必ず病院に行ってください。大事に至ることがありますし、事故の直後に病院で診断を受けていないと、事故と怪我との因果関係が説明できないことがあります。
また、治療中で、医師の治療方針に不安がある場合や、説明に納得がいかない場合はご相談ください。適切な治療や診断を受けることは極めて大切です。不信感を持ちながら、何もアクションを起こさずに、後で後悔するのは得策ではありません。
また、適切な賠償を受けるためには、然るべき医療機関で、然るべき治療や検査を受けることが重要です。
おすすめポイント:3)治療費や休業損害の打ち切りを通告された場合
3)治療費や休業損害の打ち切りを通告された場合
まだ治療中なのに、相手側から治療費や休業損害の打ち切りを通告してくることがあります。
そのような場合、弁護士が交渉することで、対応が変わることもあります。
疑問や不満を感じられる場合は、弁護士にご相談ください。
おすすめポイント:4)後遺障害の等級認定への対応
4)後遺障害の等級認定への対応
これ以上治療しても良くならない状態を症状固定と言います。症状固定の段階になると、後遺障害の等級を認定してもらって、損害の補償を受けることになります。
しかし、残念ながら、被害者が納得できる等級認定をしてもらえない場合もあります。医師によって、どの段階で症状固定にするか、また、どのような診断書を作るかは、異なります。
当事務所にご相談いただければ、症状固定の時期や、医師からどのような後遺障害診断書をもらえば良いか等、等級認定に必要なアドバイスをさせて頂きます。
おすすめポイント:5)相手方側の示談提示への対応
5)相手方側の示談提示への対応
相手方側(相手の弁護士や保険会社を含みます)からの示談の提示があったものの、示談の額に納得できない、そもそも見方がよく分からない、ということがあると思います。そのような場合も専門家である弁護士にご相談ください。
通常、相手側からの提案額は、裁判所の基準からするとずいぶん低いと言わざるを得ません。
当事務所にご相談頂ければ、示談の提案書の見方をご説明し、損害賠償額が適切かどうかをアドバイスさせて頂きます。
また、当事務所の弁護士があなたを代理し、正当な補償を獲得するために、保険会社と交渉することもできます。弁護士が示談交渉をしても、適切な示談が成立しなければ訴訟を提起し、裁判所で解決することになります。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
アクセスマップ
アクセス方法 ◆永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)4番出口から徒歩1分
◆赤坂見附(銀座線・丸の内線)は、永田町と繋がっていますが、
 徒歩10分ほどかかります。
弁護士紹介
黒嵜 隆
棚橋 桂介
閑野  一樹
久 勇介
管理者のブログ 
Copyright©フロンティア法律事務所 All rights reserved. プライバシーポリシー    サイトマップ   Powered by 店さぽ